トップ »ブログ »「M.I」(ミニマル インターベンション)

(医)SED 山口です。今日は「M.Iバー」についてお話します。

聞きなれない言葉だと思いますが「M.I」とは「ミニマルインターベンション」の略であり、歯の治療において、歯質や歯髄への犠牲を最小限に抑えて、本当に悪くなったところだけを削除して修復する治療です。外科の世界でも同様で、悪性腫瘍の治療において外科的に切除して術後の生活に影響が出ないよう外科医がマイクロスコープを除きながら確実に病巣のみを切除します。

歯科治療も同様で、悪い部分だけを削除し、歯の寿命を延ばす努力を我々は行っています。そのために必須なのがマイクロスコープなのです。虫歯を削るときに使用するバーの大きさも、肉眼で削る場合とマイクロスコープの拡大視野で削る場合では異なる種類のものを使用します。マイクロスコープの拡大視野で削る場合のバーの直径は0.5mm、つまりシャーペンのシンの直径ほどの極細の「M.Iバー」を使用します。直径0.5mmの球は肉眼では球形とわからないほどの大きさです。通常使用するものとマイクロスコープを使って治療する際使用するバーの違いを写真で比べてみてください。左が「M.I」バーです。先端についている球形の部分で虫歯を削っています。「M.Iバー」を使用することで、健全な歯質を削ることなく確実に虫歯の部分だけを取り除くことができるわけです。

MIバー

 

 

  カテゴリ:未分類