トップ »ブログ »セラミック治療について

Smile10デンタルクリニックの山口です。先週治療中に患者様から聞かれた質問です。患者様いわく「先生、銀歯がいやなので今治療している歯は白いセラミックにしたいのですが、奥歯なのでせっかくセラミックを入れても割れてしまわないか心配です。」患者様がおっしゃるとおり、セラミックは強いかむ力がかかった時に耐え切れずに割れてしまう場合があります。

しかし、現在さまざまな種類のセラミックが歯科材料として使用されています。従来のセラミックの5倍、8倍、さらには15倍もの強度のセラミックが歯科材料として使われるようになりました。とくに15倍の強度があるジルコニアはホワイトメタルと呼ばれるほど強度があり、私の経験でも割れたことは一度もありません。

Smile10デンタルクリニックでは、大臼歯のかぶせ物(クラウン)には16倍強度のジルコニア、小臼歯のかぶせ物(クラウン)には5倍強度のセラミックをおすすめしています。マイクロスコープを用いて精密に形成して歯がたをとり作製し、出来上がった綺麗なセラミックを特別なセラミック用セメントで強力に接着することでセラミックの破折を大幅に減少させることができました。万が一の場合にも、Smile10デンタルクリニックでは3年間の保証付きですので安心してご利用いただけます。

 

 

  カテゴリ:未分類