トップへ » Smile10 ポリシー » 矯正せずに正しい歯並びを育てるトレーニングシステム

3歳から正しい歯並びを育てるトレーニングシステム「マイオブレイス」

お口「ポカン」は、お子様の健康な発育を妨げることをご存知ですか?

「おなか」と「のど」は絶対に冷やしていけないと言われています。それは、「おなか」と「のど」は免疫に関わる大切な場所だからです。

お子様が「お口をポカン」と開けているとき、実は“口呼吸(くちこきゅう)”をしている状態です。

口呼吸をすると外部の冷たい空気がダイレクトにのどにあたり、急激に冷やしていきます。鼻から空気を吸う場合には、のどもとに来るまでに体温で空気が温められています。
つまり、口呼吸でのどを冷やすというのは、おなかを出して歩いているようなものなのです。

「口呼吸」は、アレルギーや発育不全を引き起こす原因になることに加え、免疫を著しく低下させ、将来的にがんになりやすい体質になるとも言われています。

その他にも、口呼吸には以下のリスクがあると指摘されています。

・日常的な口呼吸は口腔乾燥を引き起こし、唾液の機能低下から「むし歯」や「歯肉炎」「口臭」を引きおこす可能性があります。

・アレルギー性鼻炎、口蓋扁桃肥大などの原因が絡み合っておこり、さらに口呼吸がそれらを増悪させる悪循環の元となることがあります。

・顎の発育不全や歯並びへの影響があります。

・睡眠時無呼吸症候群や、集中力の低下といった弊害に関する報告もされています。

将来、劣等感を持ったり、健康を損ねた後に矯正治療をするのではなく、第一期治療と言われる「小児」のうちにおススメしたいのが、取り外し可能なマウスピースをつかったトレーニングシステム《マイオブレイス》です。

小学生のうちに、この対策を適切に行い、お口の正常な機能と形態を獲得するために、そして、心身の健康のためにも大変有意義なものとなります。

特に、反対のかみ合わせ(うけ口)は、前歯が乳歯から永久歯に生え変わるまでに改善してあげれば、お子様の負担が少なくて済みます。成人してから改善しようとすると、外科的に出ている下あごを部分的に削除して、引っ込める方法をとることもあります。
実際、当法人のスタッフでも、3週間の入院と10時間に及ぶ手術を受けて改善したケースもあります。

【マウスピース型トレーニングシステム「マイオブレイス」の特徴】

このようなお子様の状況があればおススメします

・よくお口が「ポカン」と開いている。口呼吸をしているようだ。
・出っ歯、受け口、歯並びがデコボコ・・・将来きちんと並ぶか心配
・なるべく抜かずに矯正したい

お口周りの筋肉バランス整えることで歯並びを改善していくのが、マイオブレイスの特徴です。筋肉のバランスが整うことで、歯並びの改善だけでなく、「正しい鼻呼吸」や「正しい飲み込み」「発音」にも効果があります。
装着時間は、夜間と日中1~2時間。学校や食事の時間は外せるので、日常生活への影響はほとんどありません。食事や歯ブラシの不都合もなく、とても快適な装置です。
痛みや違和感が強いワイヤー式の矯正に比べ、お子さんが感じる負担は大きく軽減されます。

【「マイオブレイス」のメリット】

・取り外し可能な装置のため、歯磨きもいつも通り行うことができ、衛生的。
・金属アレルギーの心配がありません。
・柔らかい素材でできており、口腔内を傷つけることがありません。
・治療費が安くおさえられます。

【「マイオブレイス」の適用症例】

・出っ歯
・前歯の凸凹
・受け口
・前歯が開いている
・かみ合わせが深い

歯並びが悪い小学生はなんと40%

歯並びが悪い小学生はなんと40%です。
虫歯がある子はどんどん減っているのに歯並びの悪い子はどんどん増えている。
歯並びが悪くなるのは顎の発育の結果です。
顎の発育は5歳までに決まってしまいます。
これからは虫歯予防だけでなく、

「はならび予防」です。

大切なお子さんの歯並びが悪くならないように、
できれば4歳までに「無料歯並び相談」をご活用ください。



関連ページリンク

■当院の5つのポリシー
審美歯科治療矯正歯科治療インプラント治療マイクロスコープ一般歯科(虫歯治療)
歯周病治療ヘルスプロモーション(予防歯科)料金表医療費控除

■院長・理事長紹介
ドクター紹介スタッフ紹介院内ツアーアクセス・診療時間プライバシーポリシー

無料カウンセリングを行います

カウンセリング

このページのトップへ


トップへ » Smile10 ポリシー » 子供の歯並び無料相談